Author:
• 2014年10月05日(日) 10:11

ルートラボ

今週末の3連休はハセツネ出場ですよ!台風19号の動きが気になるところ…。そして大会前日は子供の運動会があるので雨で順延されると自動的にDNS決定となるので好天を祈るのみ…。で、昨年のハセツネをデータを下書きしたまま1年経過していたことに気づき、もうビックリ!ということで思い出しながらの投稿です(汗)

続きを読む


Author:
• 2014年08月16日(土) 02:38

コーナン3段ラック

定番のコーナン3段ラック
(左:店舗展示 / 右:改良後)

高尾ナイトランに向かう途中でコーナンに立ち寄ってみたら3段ラックがあるじゃありませんか。まだ手に入れてなかったので即購入。えぇ、最初は園芸カテゴリーだったのに、すっかりキャンパー御用達となり店側もアウトドアカテゴリーにしてしまったアレです。

購入された殆どの皆さんがしてる例の改造も施しました。100円ショップの紙やすりをゴシゴシかけて手触りをちょっと良くした後にニス塗り、そしてワンタッチ収納とするための紐取付。紐は手作りワラーチ用の真田紐が余っていたのでそれを利用して完成。うわー!畳み込まれ方が気持ちいいー!来週は久しぶりにファミリーキャンプなので持って行こうっと。

お盆前にはネットショップで在庫が70-80近くありましたが、現在は売り切れたようでページは見つかりませんね。諦めるのはまだ早い!そんなときこそ鹿番長

<参考リンク>
【キャプテンスタッグ CSクラシックス 木製3段ラック】
鹿番長でもちゃっかり同様商品があるわけです
こちらの方がシッカリしているらしいとか


Author:
• 2014年08月11日(月) 01:58

小仏峠−陣馬山往復ルートその2

先週に続き今週も平日夜に陣場山へ。
前回に比べて上り坂が楽だったり陣場山への時間も短く感じたけれど
脚作り効果出てる?

140807jinba_01

巻き道は走らず全て本ルートで

往路:小仏峠−景信山−堂所山−明王峠−和田峠−陣場山
復路:陣場山−明王峠−底沢峠−美女谷−小仏峠
あ、すみません。暑かったし夜は誰もいないので上半身裸で…

140807jinba_02

夜の道迷いダメです

復路、調子に乗って底沢峠分岐から美女谷温泉に降りるルートを選択。高尾天狗トレイルの逆ルートになるのかな?1.7km程進んだ場所で底沢への道標が出てきたけれど、別に進めそうな道もあったので行ってみることに。地図見てもコンパスを合わせても正規ルートじゃないことは明らかだったんだけどね…。結局、沢の音が大きくなってきたあたりで倒木による道崩れのため道は不明瞭となり「こりゃダメだー」ということで戻りました。130mぐらいの高さを登り返しツライ…

コレのせいで足は終了。美女谷温泉まで降りたのはいいけれど、小仏峠まで戻る登りをヒーヒー言いながら戻ったのでありました。

    [ナイトランで出会った動物達]

  • たぬきorイタチ?
  • うり坊(イノシシの子供)

上のうり坊遭遇時とは違う場所で、イノシシ複数体の足音と「ブホーッ」という息遣い…
これは怖かったなぁ。


Author:
• 2014年08月07日(木) 01:38

小仏峠−陣馬山往復ルート

日中は酷暑が続く今日この頃。ちょっとは涼しいだろうと、先週は会社帰りに高尾まで車を走らせてナイトランニング。以前から行ってみたかった陣場山までを往復。全て巻き道、景観に乏しい、夜景拝めずの修行ランですが、誰にも会わない完全なる単独で走りやすかったけどね。休憩入れて3時間(22時発/01時着)でした。

小仏駐車場からスタート

OMMレースに向けて読図練習も兼ねてます

なんだかんだと時間は遅れ小仏駐車場に到着して走りだしたのは22時。聞こえてくるのは沢の音だけ…。小仏峠を目指す途中にある湧水で空ボトルを満たした後、汗だくになりながら先を進みます。細い蜘蛛の巣が体にまとわりついて不快…

明王峠

初めての明王峠!

夜中に暗闇のトレイルを一人で走っているとやっぱりツマラナイ。動物のガサガサ音にビビったりしながらメンタルを鍛える修行以外の何者でもないのです。もう折り返して帰ろうかな…という思いが脳裏をかすめましたけれど、心折らずに頑張って陣場山を目指しました。自分エライ!

夜だけど初めての陣馬山!

初めての陣場山!

このシンボルをついに拝むことが出来ました!夜だけど!誰もいないけど!ご褒美にスポーツミルクとお気に入りのパンダ杏仁豆腐で休憩。ようやく見晴らしがよい場所で夜景を楽しむことが出来ましたよ。次回は和田峠まで走ってみたいかな。

    [ナイトランで出会った動物達]

  • たぬき
  • うり坊(イノシシの子供) / 近くに親がいたのでしょう、ブヒブヒと声が
  • テンやイタチみたいなやつ
  • / ライトに集まってくるの勘弁してください
  • カマドウマ / 地面のあちらこちらに…

既にハセツネまで2ヶ月あまり。何度か走り通ってみよう。ちなみにアップダウンが激しく”ドSコース”らしい北高尾山陵縦走コースも気になっております。高度感のあるトレイル、森林限界を超えたトレイル、自分より背の高い植生がないトレイル、そんなの知らない!走ったこと無いし!もういいのです、泥臭いトレイルを走り続けるのです。

あ、でも高尾山ビアマウントをゴールにした走練をせめて1回…


Author:
• 2014年07月17日(木) 05:45

7月初旬、東京・青梅にて開催されたナビゲーションの講習を受けてきました。

晩秋に行なわれるOMM Japan Raceにエントリー済(スコアだけど)。
それに向けてコンパスを使ったナビゲーションの基礎学習として参加。今まで独学で本を読んでいただけで実地でのコンパス使用経験はないという恥ずかしいレベルの自分にとって、これは大変意義のあるものでした。こんなにコンパスを使った地図読みが楽しかったとは!

gurunavi_01

ぐるぐるナビ基礎編ステップ1

gurunavi_02

ハイカーやトレイルランナーなど様々な山好き達が受講

gurunavi_03

外講習はあいにくのシトシト雨
皆しっかりと雨具装備の中、自分はTシャツ&短パン(山と道)&折りたたみ傘(途中で破損)という姿。実家から近い場所で土地勘もあったとはいえ…(反省)

gurunavi_04

コンパス&地図を持ち街中や山中をぐーるぐる

自前で用意したコンパス(SILVA No.3)の磁力がヘッポコすぎて、女性スタッフ(*)から高級コンパスをお借りするはめに。でも、コレ凄いのです!あっという間にピタッと磁針が止まるのです!こんなの使ったら普通のコンパスに戻れないよ。欲しい…
 (*)このイベント運営をした代表の方だと後で知り…(汗)

gurunavi_05

地形以外にも植生などの様子で自分に立ち位置、方向を確認(整地)

gurunavi_06

現地で読図しながらの尾根、谷の学習

gurunavi_07

講師だった小泉さんの著作など購入
秋に向けて読図&コンパス学習頑張るぞ!

<参考リンク>