Author:
• 2009年01月07日(水) 16:58


手に入れたが未だに野外デビューままならぬトランギア。
早く自転車通勤時に休憩5分、10分、いや20分は…とコイツを使って、ティータイムなんぞ楽しみたいなぁ。
ちょっとお湯を沸かすために白い五徳とコッヘルを使うのもデカいし邪魔。ここはやっぱりシェラカップで沸かしたい。ならばと調べればT’s Stove チタンゴトクあたりに行き着くのでしょうが、ここはひとつ遊び心を発したく、自作の道を歩んでみるのも悪くないかと。

昨晩、ツナサラダを作ったわけです。
ゴミとなったツナ缶を見て頭の上にピコーンと電球が灯りました。こ、これは!

いれてみた。

うはー!ぴったり!ツナ缶設計者はトランギア好きでしょ?と思うぐらい綺麗にすっぽり。ツナ缶パッケージが生活臭を醸し出していますが、これはポリッシュしちゃえばいいしね。

のせてみた。

ふむふむ、これなら底面からの影響がなくなりますな。でも高くなっちゃいますね。この状況での使用方法が浮かび上がりません。

かぶせてみた。

ツナ缶の径がトランギアの径と寸分違わぬぐらいにピッタリ。むむ、いろいろと脳内であーしよう、こーしようと考えが浮かんできました。

くらべてみた。

ツナ缶の高さとバーナーヘッドの高さに違いあり。
穴を開ければ五徳としていけるよね?
やるしかないよね?

さぁ、自作モノへの挑戦が楽しくなってまいりましたー。
しばらくはトライ&エラーの迷道となるのでしょうが、ハマりすぎて冥府道まで行かないようにしないと。
グッドなアイデアあったらお願いします。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事のレスポンス設定: RSS 2.0 feed. /  コメント可 / トラックバック可

8件のコメント

  1. ほんとうに、ツナ缶はトランギアにサイズがぴったりですね。
    缶の上の部分に穴あけるのってけっこう大変ですよ。
    中学の技術家庭科以来で金属を加工してみましたが、ドリルで穴開けると金属のくずができるし、できたバリをやすりで削ると、危なそうな屑がでたりしますが。形ができてくると楽しいっすよ!!
    私も空気の取り入れ口と炎の逃げ道をどうやって作るか悩んでいます。缶の上の穴をふさがないように、シェラカップとのクリアランスをどうやってもたせるかで悩みますよね。

  2. >ツナ缶設計者はトランギア好きでしょ?

    トランギア設計者がツナ缶ファンだった線はないですか。

    これ、大量にツナ缶買い集めて五徳を生産すれば、
    商売にならないですかね。原価50円ぐらい?

  3. トランギア用のゴトクは、SHOWSEIさんのエントリにあるやつか某オクのやつにするか迷ってます。
    が、このツナ缶もワクワクしますね。

    上部が固そうなので加工が大変そうですなぁ。

  4. >nekopuu43さん

    ツナ缶を見つめてはどこに穴を開けようかと思案中です。
    実家になんちゃって工房があるので、電ドリルでゴリゴリ試してみます。あぁ、バリ取りがめんどくさそう…。
    脳内では美しい姿が浮かび上がっているんですけどね。

  5. >鳥さん

    なんという発想の転換。
    ですがトランギア発売時はツナ缶って存在したのだろうかと
    まじめに考えちゃったりもしましたよ。

    失敗分も含めて在庫を作らなければいけないので、今夜の夕食にツナ使います。
    商売ですか?そんな立派なものにはなるかどうか…。
    よくて中身の入ったツナ缶と物々交換がいいところですかねぇ。

  6. >dreameggsさん

    例のロータリーのやつ?

    ツナ缶上部に穴をどうやって空けようか悩んでおります。
    実家にホールソーあったかなぁ…

    あ、ちなみにこのツナ缶はコストコで購入したものです。

  7. 僕もひっそりとですがアルコールストーブ系の記事を書きました。

    >dreameggsさん

    SHOWSEIさんのとこのいっちゃいましょうよ。

  8. >roadman71さん

    雪山実践楽しみにしていますよ。行ってらっしゃいー。

    あ、SHOWSEIさんのやついくなら、自分も乗らせてくださいまし。

コメントする