Author:
• 2009年09月04日(金) 17:42


日本野鳥の会バードウォッチング長靴

○購入月:2009年9月

プラティ・プリザーブに続きカスケードループさんで購入したのが
日本野鳥の会オリジナル観察用品として販売されている『バードウォッチング長靴』です。

秋ですよ秋。
先日、春の奥利根・山菜採りで一緒だった達人より『奥利根・矢木沢もしかしたらキノコ狩りに同行しようキャンプ』の計画があり、日程が決まり次第連絡するよって話があったのです。もうね、ワクワクしちゃうじゃないですか。山菜キノコ採りに同行して、美味しい採りたてキノコ鍋を食したい!もう、頭の中はそんなことでいっぱいです。…行けるのかどうかはともかくとして。

今春の山菜採りでは長靴は持っていかず、モントレイルのコンティネンタルディバイドでなんとか頑張りましたが、やはり沢水とかドロドロの水たまりとかを避けて歩くのは辛くて苦労した思い出があります。こちらがもたついている間にも、名人達は当然ながら長靴なので気軽にジャブジャブと水たまりに入り、ずんずんと先へ行ってしまって追いつくのが大変でした。

やはり、キノコ狩りまでに長靴を買わなければ…

ホームセンターの安物長靴だと嵩張るし畳めないので収納に困ります。
きっと、車の中に置きっぱなしにしても場所を取って邪魔くさいです。
そこで、日本野鳥の会の長靴の出番。お手頃価格かつコンパクトに収納出来るのがグッド。

<販売サイトより抜粋>

  • ゴム長靴の専門メーカーのご協力で使用アンケートなどをもとに製作しました。
  • 軽量でコンパクトに収納袋に収まり携帯に便利です。
  • 干潟やぬかるみでも行動しやすくバードウォッチングに適した、
    日本野鳥の会オリジナル仕様の長靴です。
  • バードウォッチングにはもちろん、ガーデニング作業や、
    野外キャンプの際に持って行くと役立ちます。
  • 一般的な長靴よりも動きやすく、活動的に履けます。

■カラー:グリーン■素材:表/天然ゴム、裏地/ナイロン■重(約):460g(Lサイズ片足)
■中国製、アトム(株)■収納袋付■日本野鳥の会ロゴマーク入り


長靴ソール面と踵部の形状はこんな感じ

履くとわかるんですがピッタリ感のある長靴ですんで、脱ぎやすいように踵にでっぱりがあるみたいですね。なので、ここに手や反対側の足をひっかけつつ、脚をひっぱり出せば「ほら、簡単でしょ?」って感じで脱げる寸法かと。


付属する収納袋に入れれば小さくコンパクトに!

長靴がこんなに小さくなるなんて!
これで玄関靴箱の中をドーンと我が物顔で存在し邪魔者扱いされることもなく、
また、車の中にもホイホイと置いておけるってもんですよ。


試し履きするとこんな感

ハードタイプの長靴じゃないから足回りがフニャフニャなんだけど、雪上を歩くわけでもないし、濡れなくて動きやすければいいじゃんと思うのです。カスケードループさんの説明文では「くるくる丸められるふくらはぎ部分を折り返すと・・・ショート丈に早や変わり!!」なんて文章もありまして、おぉっ、そんな使い方までありますかと驚いた次第です。

それにしても、このフィット感が私的に好きです。これなら雨で道が悪い時も楽しく歩きやすそう。
カヌーの時もアクアシューズとか履かずにコレにすれば楽ちんになること間違いなしだー。

<参考リンク>
【バードウォッチング長靴】/カスケードループ
日本野鳥の会での販売サイトはコチラ


【バードウォッチング長靴】/カスケードループ
日本野鳥の会での販売サイトはコチラ
カモフラージュタイプもあるんですな。
でも、お値段が高くなります。

【アウトドアグローブ(2色セット)】/日本野鳥の会ネットショップ
これも何か良さそうなんだよね。ちょっと使ってみたい。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事のレスポンス設定: RSS 2.0 feed. /  コメント可 / トラックバック可

13件のコメント

  1. ゴム長は、長年バーバリアンチーフテンを愛用していますが、この長靴、結構良いかも。

    丸められるのには、みのる君という、田んぼ作業用の長靴もあるんだけど、これの方がアウトドアっぽくて良いね。

  2. こんばんは。
    この長靴はわたしも持っていますよ。
    飛行機の移動だけど長靴は持って行きたいって時に使ってます。
    場所はとらないんですがもう少し底が厚かったらなおいいのですが。

  3. >Airsさん

    ゴム長靴メーカーと一緒に田んぼ用長靴をベースに作り上げたみたいです。
    「みのる君」で調べたら、ここの会社の出している長靴で“らくらく長靴大地”という商品が似てますね。
    足首周りの写真なんてそっくり。たぶんコレがベースっぽいなぁ。

    バーバリアンチーフテン……何すかコレと見たらと、うぉぅ…渋い。

  4. >nekopuu43さん

    お使いでしたか!
    確かに底の厚みは足りないかなと思ったのですが、まぁ元は田んぼ用みたいだし、
    岩場を歩くような感じでなく、鳥観察用&収納性を選んだってことなのかもしれませんね。

    素材が天然ゴムということで保管がちょっと面倒な部分もチラリと見え隠れしてますが
    劣化とか余り気にせず大丈夫なんでしょうか?

  5. バーバリアンチーフテンの古い物は、購入から15年以上たっていますがいまだに現役。劣化もほとんど無いです。品質はすばらしいですよ?ポリウレタンではないので劣化の心配もほとんど無いようです。製造をやめる方向のようで、買うなら今のうち!

    現在スペア、防寒フェルト付きなど3足もあります(笑)足は2本なのに・・・とよく言われます・・・

  6. 10万PVおめでとうございます!

    この長靴、ちょっといい感じじゃないですか!
    私ってば、やれ「雨男」なんぞを気取っていますが
    長靴は持ってないんですよねぇ。

    あ、持ってはいますけど、釣り船用のやつなんで
    キャンプ場だとちょっとこっぱずかしかったり
    磯臭かったりで。。。。(苦笑)

  7. >Airsさん

    まじですかー。それは凄い。
    年数で考えると費用対効果は高いのはわかるんですけどが…予算がー。

    スペアと防寒があるなら、それで一生分って感じですね。

  8. >ryutaroさん

    ありがとうございます。
    現在のPVカウンターで10万越えましたが、裏PVカウンターだと12万越えしてるので結構適当。
    まだ、google analyticsも入れてないから今度埋めておこうかな。

    天気予報では来週末の野辺山は雨もなく安定してますね。
    でも“念のため”持って行きますー。

  9. こんばんわ?
    この長靴いいですね?。私もキャンプの時は毎回長靴は持って
    行ってるのですが、折り畳めない長靴なのでいつも嵩張ってます。
    軍手もちょっと気になりますね。

  10. >ぼりさん

    ホント、コンパクトになりますよ。
    長靴を買うなんて久しぶりです。
    水たまりとか楽しくて仕方がないかもーと感じるのは
    小学生の時以来じゃないでしょうか。

    軍手は同じように手のひら全体ががゴム(?)になっているのが
    ホームセンターで¥298ぐらいで売っているんですよね。
    違いは買ってみなければわからないのですが。

  11. 田植え用の長靴が基本形で、改良して現在の形になりました。と
    日本野鳥の会のBOSS・柳生博さんから直接に、お訊きました。
    昨年晩秋の頃に、八ヶ岳の例の場所へ立ち寄った折に、素敵な手造りのテーブルを
    見かけてじっくり見てるだけ!をしていたら、背後から、「いいでしょ、コレ!」と
    何処かで訊いたような声で、話しかけて掛けてくださいました
     ガランとした人気のない時雨の日でしたので、長々と語り合って、、、、
     TV画面で見かけるままの、優しいお人柄のおじいちゃんでした(爆)
    CFミニストーブのことも、バッチシ!手に取りながら伝えましたら、超軽量に、驚いていました

  12. >JSBさん

    なんと!ボスは柳生博さんだったのですか!しかもお会いしちゃったりするとか
    ハンターチャンス&ゴールデンハンマーで正解しちゃったようなもんじゃないですか。

    うろ覚えですが柳生さんは確かガーデニング等がご趣味で、自分でファイヤープレイスを作ったり、息子さん関係で都会のビルの屋上でそんなことやってた記事も読んだことあるような…そんな覚えがあります。
    そしてCFストーブまで宣伝するとはさすがJSBさんです

  1. 日本野鳥の会 バードウォッチング長靴

    日本野鳥の会 バードウォッチング長靴さてさていつものドランク大好きカスケードループさんからお荷物が届きましたよ。まずはこちら。日本野鳥の会オリジナル、バードウォッチング…

コメントする