Author:
• 2009年09月28日(月) 15:43


笑’s コンパクト焚き火グリル 『B-6君』

○購入月:2009年8月

埼玉の板金屋さん「有限会社 昭和プレス」さんが作ったコンパクトグリルです。
笑’s BPウッドストーブ120と一緒に購入しておいたものの、デビューさせる機会がなかなか無かったのですが、9月のTrueCampで初使用したところ驚くほどに良い仕事をしてくれました。まず、火熾しの苦労がない!炭を中につめた後に下から軽く火を付けた後は放置。周りで別の事をした後に戻ってくれば、炭はチンチンに熾きているんですから。雨のTrueCampではずっと火を燃やし続けてお湯を沸かしておきました。炭もほぼ完全燃焼に近くて処理に困らず。ソロ遊びにはいいですよ?コレ。

大人数で遊ぶ場合は、もっと大きいサイズのグリルが欲しくなると…
笑’s コンパクト焚き火グリル 『A-4君』で対応したいところですね。

商品詳細ページより抜粋

折りたたむと厚み18mmになってしまう超うす型コンパクト設計。
ツーリングやハイキングにもお勧めできる、500gのポケットサイズ焚き火台です。

◆収納サイズ: 約181mm×122mm×18mm
◆組立サイズ: 約215mm×122mm×165mm
◆重量    : 約500g
◆材料    : 0.6mm厚ステンレス・アルミリベット
◆静止耐荷重: 10kg
※火床の深さ: 約7cm

使用前の状態を取り忘れてた…。
ということで、B-6君にいい感じでヤキが入った写真でのご紹介となりますがご了承下さいませ。


セット一覧

B-6君セット写真。右の黒いグリルプレートはオプションのため別途購入したもの。
本体は全部で8点(収納袋x1、本体メインx1、側板x2、ロストルx2、五徳棒x2)で構成されています。


OPEN&CLOSE

メイン本体にある側板を立ち上げた後、スリットがあるのでバラの側板を入れ込んで組み上げます。
側板の一枚には窓がついていて、焚き火中にも開閉可能。鍋等で上面が塞がっていても燃料管理が出来ちゃうのです。


ロストル&脚部

本体が組み上がったら、中にグリルプレートを2枚入れ、本体下部の脚を出したら完成。


五徳&グリドル

付属する五徳は二通りのセッティングが可能。
シェラカップなどを端っこに乗せておくときは、五徳の斜め掛けがいいのかもね。
オプションのグリルプレートを乗せればBBQモードに変身です。こいつは重みもあり、しっかりしていますよ。


グリル内部をなんとなくマクロ撮影


GIFアニメによるB-6君の収納方法

  1. ロストルの中に五徳を収納
  2. もう一枚のロストルで挟み込む
  3. バラ側板の中にロストルを収納して、もう1枚のバラ側板で挟みこむ
  4. メイン本体の灰受けの上にバラ側板を収納
  5. メイン本体の側板を倒しこんでおしまい
  6. ロストルがあれば、その中に本体収納出来ちゃいます


さすがB-6サイズ!お手乗りコンパクトでドーン!

SHOさんのブログを拝見すると、他にもいろいろと挑戦されているようでして
焚き火調理台スモーカーも目下開発中の模様。完成が待ち遠しいところです。

■おまけ
御鶏様に挑戦するも、火が強すぎて大炎上、大失敗。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事のレスポンス設定: RSS 2.0 feed. /  コメント可 / トラックバック可

14件のコメント

  1. 焼武者の非コンパクト性に懲りてコンパクトなのいっとこうかと考える昨今、これもよさげですなぁ^^
    ユニセラだとみんな持ってるしこっちのがカッコヨスかも。

    う?ん、悩ましい(笑)

  2. TrueCampの時、確かにイイ感じでしたもんねー

    A4の方も楽しみですなぁ。。。

  3. >drunkwhaleさん

    すげー小さくなるし、燃焼効率も高くて楽しいですよ。
    A?4君やちび火君を買ったら、ファイヤーグリルの出番がなくなりそう。

  4. >dreameggsさん

    ちびちび燃えるのかソロではたまらんかも。
    A?4君を手に入れるのは時間の問題かと。

    工場見学に行ってみたいです。

  5. はじめまして、B-6君のお手入れは
    どのようにされてますか?

    持ってるんですが手入れが今一分かりません
    良い方法教えて下さい。

    宜しくです。

  6. >dontoraborutaさん

    ジョン・トラボルタから日本語で書き込みが!と思ったらドン…でしたかー。
    コメントありがとうございます。やった、B-6君仲間!

    普段の使用後は汚れを拭き取る程度で良いと思っていますが
    焼肉で脂まみれにした場合などは水洗いしてもいいですね。
    えぇ、TrueCampでのデビューでは御鶏様焼きに失敗し、脂まみれにしたので洗いました…。

    グリルプレートは錆がつくので、毎回汚れを焼き切った後に薄く油を塗るのをオススメします。

  7. 工場見学の際はオリジナルロゴを入れられるか是非聞いて来てください!!

    お願いしますー!!

  8. ほうほう・・・小っちゃい焚き火台かぁー

    お高いんでしょ?・・・・
    あら、意外とお手ごろ価格かも・・・?

    でも、重いんでしょ?・・・
    あれ?意外と軽いじゃないですか・・

    イイカモ・・これ。

  9. 御鶏様どうにか焼けないもんですかねー。

  10. >dreameggsさん

    ちょりーす!

  11. >Ggreenさん

    グリルプレートなしだと軽いですよー。
    もっと小さいBP120ストーブもいいんじゃないかと。

  12. >鳥さん

    今回は完全に火加減を間違っちゃいました。
    次回はもっと熾火にしてから焼き焼きに挑戦です。

  13. はじめまして。
    バイクツーリングで炭火を使いたくて探していたら、こちらの記事を見つけ、拝見させていただきました。詳細なレポート、使用感などがすごくよくて、自分のblogでこちらの記事を紹介させていただきました。もし、問題があるようでしたら記事でのリンクを削除しますので、ご連絡いただければ幸いです。また、事後報告となっております事、お許しください。

    そのほかの記事も色々参考になる内容が満載で、拝読させていただこうと思います。

  14. >やんべさん

    コメントありがとうございます!
    B−6君はホントにコンパクトになるし性能もいいのですよ。
    バイクツーリングでの焚き火にはもってこいかもしれませんね。
    いやー、こんな記事でよろしければ気兼ねなく紹介リンクしてくださいましー。

    そのほかの記事もへっぽこ記載ですが、今後も読んでいただければ幸いです。

コメントする