Author:
• 2014年10月05日(日) 10:11

ルートラボ

今週末の3連休はハセツネ出場ですよ!台風19号の動きが気になるところ…。そして大会前日は子供の運動会があるので雨で順延されると自動的にDNS決定となるので好天を祈るのみ…。で、昨年のハセツネをデータを下書きしたまま1年経過していたことに気づき、もうビックリ!ということで思い出しながらの投稿です(汗)

ログ結果

ログ結果[SUUNTO Ambit2/movescountより]

SUUNTO Ambit2 / movescount

レースで用いた腕時計はSuunto Ambit2。ログ取得設定値は下記の通り

  • 走行記録間隔:1秒
  • GPS取得間隔:5秒
  • ルートナビ:あり

バッテリーはゴールして記録保存したところで液晶ブラックアウト(約15時間)、なお、満タン充電からスタート前の18時間程を日常時の腕時計として使用していました。また、保存されたデータを用いてスポーツアプリendomondoへのGPSデータインポートも行いました。

さて、この結果ですが…、平均キロペース約14分!?
ちょっと早歩きしただけなのでは?
そんなもんなのかなぁ…

心拍&標高グラフ

心拍&標高グラフ [Suunto Ambit2 / Movescountより]

Suunto Ambit2 / Movescount

心拍&標高グラフ [Endomondoより]

Endomondo

スタート直後のダッシュしていたロードが一番心拍高いですね。それでも最高172。RODメンバーと会った時に心拍数聞くと180やら190とか言ってるのに、自分はこの数値の不思議。今までの大会でも170を超えることは滅多にないのですが、ぶっ込んで走っていないから?なんちゃってスポーツ心臓?実際、自分がどんな身体なのか一度LTRプログラムを受けてみたいところです。

標高が上がると心拍が下がっているグラフになっているのも不思議で面白いなあと。
御前山の手前あたりなんかキツかったけれど心拍も落ちついている感じ。日の出山からは下りダッシュが理由なんでしょうけど、体が慣れてくるの?

キロタイム(min/km)

キロタイム(min/km)[Endomondより]

Endomond

(A) 醍醐丸付近 (B) 第1関門 / 浅間峠 (C) 三頭山手前の急登 (D) 第2関門 / 月夜見
(E) 御前山 (F)大ダワ (G) 大岳山 (H) 日の出山

今回のハセツネでは休憩が多かったと自覚してたのですがグラフを見たら一目瞭然。休憩合計が1時間超えてますか、そうですか…。そりゃ体冷えるよ。大岳山を攻略中は渋滞だったため、休憩時間と同じぐらいかかってますね、休みなく少しづつ動き進んでいたはずなのですが心拍が100以下まで下がることもあり、結果的にはラストスパート前の足力回復にはなったのかもしれません。今回の体調を維持し、休憩少なければサブ14だったのかな?(遠い目)

区間記録

ハセツネ2013ラップ記録

ラップ場所距離合計距離継続時間合計時間心拍数
1入山峠6.976.971:05:411:05:41150  (125-163)
2市道分岐4.1211.090:59:322:05:13149  (126-161)
3醍醐丸2.513.590:37:512:43:05149  (130-160)
4熊倉山4.4718.051:01:353:44:39143  (106-159)
51CP in2.2120.260:29:494:14:28128  (109-150)
61CP out0.1220.380:22:354:37:0399  ( 085-137)
7槇寄山8.7229.11:59:236:36:26133  (103-147)
82CP8.7837.882:35:499:12:15125  (076-158)
9大ダワ in6.8444.721:59:5011:12:05123  (098-141)
10大ダワ out0.0144.730:16:3511:28:4088 (074-106)
11大岳山3.2347.970:51:5312:20:33126  (097-146)
12綾広の水場2.2850.250:33:4412:54:17117  (094-158)
133CP1.3251.560:11:0713:05:24141  (115-153)
14日の出山2.2953.850:34:0113:39:25120  (087-141)
15ゴール9.1362.981:05:5114:45:16139  (109-159)

ボーッとして数カ所大事な場所でのラップ忘れがあるのが残念。とはいえ、キロラップと同様に表を見ると、ラップを取った第1CPや大ダワでの休憩時間の合計を見ただけでも合計30分以上休んでる!ということは第2CPや日の出山でも同様だったので、やはりレース全体を通せば50-60分近く体を休めていたことは確実かと。うーん、そりゃ応援組のモッシーから「エイドはそんなに休むもんじゃないです」と言われるわけだ…。

順位推移

公式リザルトによると男子完走者1881名でした。エクセル(クリックするとダウンロードできます)に落とし込み、関門ごとの順位、区間記録での順位推移を調べてみると

1CP/624(773)2CP/661(844)3CP/701(353)Goal/639

関門ごとでは思ったより順位が落ち着いているのかな?区間順位の上下動の激しさは休憩の長さが原因かも。しかし、最後の金毘羅尾根の部分だけ300番台!よく頑張ったと思うのです。全コースを通してコレぐらいのスピードで頑張ることができればいいのですが修行あるのみ。

メンバーリザルト

2013ハセツネRODメンバーリザルト

氏名第1関門第2関門第3関門ゴール
浅間峠月夜見御岳五日市会館
ハリプロ3:28:523:35:567:04:482:59:1010:03:581:37:4911:41:47
タケ3:30:044:00:367:30:403:33:1011:03:501:46:0012:49:50
やすよ3:52:404:15:358:08:154:11:5012:20:052:11:4314:31:48
ひらどん4:14:104:29:368:43:464:20:2413:04:101:41:1514:45:25
カミ4:01:574:41:528:43:494:56:3013:40:192:43:4416:24:03
ジャキ4:17:094:59:099:16:185:04:2214:20:402:24:3416:45:14
茶々4:14:095:13:299:27:384:54:2514:22:033:02:5317:24:56

残念ながら3名DNF。
金毘羅ダウンヒルはあんなに疾走したと思いきやハリちゃんに及ばず。
サブ12クラスとはこういう世界なのか…

ヘッドライト設定

PETZL NAO 設定値

PETZL NAO

ペツルNAOはPCに繋げると専用ソフトで自由に光量や時間、照明距離を設定できる優れものなのです。サブ15を想定し、日が暮れるまでに4-5時間走るとすれば、10-11時間程点灯できれば良いので上記のような設定値としてました。ま、この辺はワキさん茶々さんからのアドバイスのおかげでもあるんですけどね。

レースでは前後の明るいヘッデンを灯した選手に挟まれることが多く、薄暗い光量(リアクティブモードLevels 1/10h40m)で十分にトレイルを照らしていても路面状況は確認出来ました。そのためバッテリーをかなり温存。最後の金毘羅尾根でコンスタントモードLevel 1にして光量開放を行い、昼間のように照らされたトレイルを走り抜けられました。あとは細かい下りで、リアクティブモードLevels 3/6hへ切り替えたぐらいだったので、残りのモードは必要性はなかった結果に。

なお、ゴール後のバッテリー残量は15%。予備電池(単4×2)は未使用。

装備一覧

    頭・上半身

  • モンベル/ジオライン3Dメッシュ ヘッドバンド
  • パタゴニア/キャプリーン1・ノースリーブ
  • モンベル/EXライト ウインド ジャケット(休憩時に使用)
  • コロンビア/オムニフリーズZERO アームカバー(第1関門から装着)
    下半身

  • RaceReady
    靴周り

  • DryMAX
  • ADIDAS ADIZERO XT3(中敷き/スーパーフィート黒)
    ザック

  • SALOMON XT-Wings 5
    ライト

  • PETZL NAO(第1関門から使用)
  • GENTOS 閃 SG-325(日の出山から使用)
    ストック

  • ブラックダイアモンド/ウルトラディスタンス(借り物)
    GPSログ

  • SUUNTO Ambit2 HR / SAPPHIRE
    飲料

  • OS-1/2リットル/MSRハイドレーション
  • 麦茶/600ml/Ultimate Directionボトル
    補給食など

  • 【第1関門】おにぎりx2
  • 【第2関門】アンパン、草餅、牛乳200mml
  • 【大ダワ】カルディのパンダ杏仁豆腐
  • アミノバイタル/パーフェクトエネルギー(2)、アミノバイタルGOLD(3)、ウィグライプロ(4)、ワンセコンドCCD(2)、メダリストジェル(2)、スポーツようかん(2)、ハニースティンガー/ジェル(1)、ハニースティンガー/グミ(1)、ベスパハイパー(1)、ベスパプロ(1)、はちみつ飴(2)、RODチロルチョコ(1)、プロバー(1)、アンデス岩塩タブレット(数粒)
  • 記憶がうろ覚えなのですが食料はこんな感じですかね。プロバーやスポーツようかん(1)等は食べずにゴールしてしまいました。もう少し減らしても良かったなぁ。

    備品

  • 薬(ロキソニン、芍薬甘草湯、エスタロンモカ)
  • 携帯電話(スマホ/途中結果SNSアップ用)
  • ミニタオル
  • 予備電池(単4x2/PETZL NAO用)

まだ思い出せない備品等ありますが、とにかく水食料込みで6kgは軽く越えてました。
重すぎ…。とはいえ昨年とほぼ似たような装備で挑む予定です(節約)


<参考リンク>

【SUUNTO Ambit2 HR / SAPPHIRE】
(タイムクラブ)
ハートレート付きサファイをを貯めたお小遣いでゲットしておきました。使いはじめの頃、GPS精度が悪く距離ズレが大きかったのですが、日々走る時に装着していたら徐々に精度が上がり修正されてきたように思います。GPS腕時計にもエージングってあるのかな?


【PETZL(ペツル) NAO】
(
ロッジ楽天市場店)
コイツ無しではハセツネナイトは楽しめませんでしたよ!バッテリーが重いので標準で頭部装着すると負荷が大きいため、腰に装着できるための延長ケーブルをどうしようかなと

【GENTOS/ジェントス 閃 SG-325 LEDハンディライト】
(
ムラウチ)
2つ持ちしたら夜のトレイルが昼間のように!あれは凄かった…
amazonでは包装を簡易化した[フラストレーションフリーパッケージ]が安いようですね。レース前はノーマルタイプが1,500円ぐらいだったのに値上がってる…

【adidas アディダス adizero [アディゼロ] XT 3】
(
リード スニーカー館)
残るはワンサイズのみ…。
グリップも良く、信頼して下り坂をかっ飛ばせました。ちなみにハセツネレース中での転倒はゼロ。三頭山下りの濡れた木の根に乗っかった時、少しズルッっとしたぐらいでした。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事のレスポンス設定: RSS 2.0 feed. /  コメント可 / トラックバック可
コメントする