Archive for the Category ◊ テント&タープ ◊

Author:
• 2008年05月22日(木) 01:05

ファイル 76-1.jpg

○購入日:2008年4月

2008年春の海外個人輸入のメインアイテム。
HEX3の後継でもあるシャングリラ3もどうかと思ったのですが、たぶんソロでは使わないし、家族でも使えるサイズとして一つ上のサイズであるシャングリラ4にしてみました。でも、やっぱりソロでしたい!となった時も、その気になれば使えるとは思うんだけどね。幕体の形状が四角錘のため、床の有効面積も広く使えていい感じです。天井部にはループもつけてあり、ランタンとか荷物とか絡めておけそう。設営も撤収も楽チンこの上なし。スノーピークのリビングシェルなんかと設営時間を比べると雲泥の差です。

GOLITE SHANGRI-LA 4+ SHELTER

  • サイズ:290×290×185cm
  • 床面積:8.4?
  • 幕体重量:1050g(幕体)/430g(付属ポール)/110g(付属ペグ8本)
  • 総重量:1590g
  • 付属品:スタッフバッグ、ポール(調節可能)、ペグ(8本)
  • 素材:シルライト(SilLite)

次はネスト。
本体と同じペグにループを引っ掛けるタイプ。
ネストのループにペグを入れてあたりをとって固定してから本体を設営すれば綺麗に立ち上がるんですな。まぁしかたないと言えばそうなんですが、ちょっと中に入ると窮屈間が出てきます。
暑い日はネストだけで使用するのもいいかも。トップループもついていますので、木にぶら下げる形にすればポールいらずで広々と使えそうです。

ファイル 76-2.jpg ファイル 76-3.jpg

GOLITE SHANGRI-LA 4+ NEST

  • サイズ:2**x2**x196cm
  • 床面積:8.1?
  • 幕体重量:1730g
  • 付属品:スタッフバッグ
  • 素材:ポリウレタン(PU)コーティング 耐水圧3000mm

3つ目はフロア。
虫の居ない時期に使えばいいのかなぁ、でもそんな時期はフロア使わずに地べたでいいんじゃない?とか、いろいろと迷うところ。まぁ、本体購入時にタダでおまけしてくれたやつだし、BBQとかで酔っ払ってゴロンとしたい時にいいのかも。

ファイル 76-4.jpg

設営は形状がバスタブなので、本体内側の下部ループに引っ掛けることで壁を立ち上げます。下の写真じゃキチンと出来てないけどね!

ファイル 76-5.jpg

GOLITE SHANGRI-LA 4+ FLOOR

  • 床面積:8.1?
  • 重 量:960g
  • 付属品:スタッフバッグ
  • 素材:ポリウレタン(PU)コーティング 耐水圧3000mm

Author:
• 2008年04月08日(火) 15:15

ファイル 70-1.jpg

○購入日:2008年3月

なんとなく応募したSnowPeakWay2008朝霧に当たっちゃいました。まぁ、一度は行ってみたかったイベントでもあるので潜入してまいりました。しかし開催日は3月末です。今年の東京は早くも桜が咲くという季節でもあったのですが、イベント当日の朝霧はまだまだ冬模様でとても寒いのなんのって。

準備としてリビングシェルを出動させることになるのですが、インナーテントはあるけれどフルフライは所持しておりません。このままでは隙間風で寒い思いをすることは確定。うわ、そんなのイヤだ!購入しとかないと!探せーっ!と、すぐさまにネットショップ徘徊。

しかーし、ここで問題発生です。
我が家のリビングシェルは旧タイプのベージュ&エンジカラー。となると、フルフライの地面と接する部分もエンジで統一したくなったわけですが、2008年モデルはなんと廃盤カラーになってグレーのみ。どの店舗も在庫はグレーばかりで旧モデルカラーはないっぽい。諦めずに、駄目もとであちこちの店舗にメールで在庫問い合わせをすると、やはり「ないよー」との返答ばかり。もはやこれまでか…と諦めかけたその時に奇跡的が!なんと、最後の問い合わせ先であった楽天・秀岳荘さんにて「ベージュ&エンジのやつあるよー!」と回答がきた。すぐさま発注したら、すぐさま発送完了のメール。なんとまぁ対応の早いことでうれしい限り。ありがたいこってす。

無事、イベントまでに間に合い、隙間風のないシェル内でフジカちゃんのパワーの助けも借りて暖かく過ごせたのでした。

そのときの写真を載せましたが、フルフライちょっとしか写ってないですね。しかもスカートがビロビロしわしわ?。そして、写真を見てフルフライはシールドタイプでベージュ色が濃い目、本体は経年による色褪せカラーの組み合わせになっていることに気づいた次第。


Author:
• 2008年02月15日(金) 04:37

ファイル 67-1.jpg ファイル 67-2.jpg

シェラストーブの件でコメントいただいたsurvivalさんが、スノーピークの”ペンタ”の連結の件で当ブログへたどり着いたとのこと。我が家も何度か連結していたのを思い出して書いてみました。

昨年6月に開催されたスノーピークストアキャンプin朝霧でのスタイルはこんな感じ。この日は雨模様で本来ならばリビングシェルを使いたかったのですが、あいにく修理中で出番なし…。しかたなく手持ちのタープを駆使して連結した結果がこの写真。

ポンタシールド+タープ(S)+ペンタ の3連結

  1. ポンタ…荷物置き場&MTBの雨よけに使用
  2. タープ…メイン
  3. ペンタ…テント(旧ランドブリーズ2)の雨よけ

小さいタープの連結なのですがタープの大小で張り縄の数が減るわけでもなく、はっきりいって面倒臭かったです。居住性も広がったように見えますが、連結部の隙間から雨は入ってくるし、あちこちにある張り縄が邪魔して動線の悪いこと悪いこと。最初で最後の3連結だと思います。そうしたい。

■数年前に小豆島お遍路ソロキャンプ旅でのスタイルはこんな感じでした。

ファイル 67-3.jpg

徒歩によるバックパッキング旅ではペンタは持ち歩くには嵩張るしちょっと重いと感じました。でも、テントを張った時の前室としての居住性はかなりいいんですけどねぇ。ちなみにテントはゴアメスナー。このスタイルで行けばペンタイーズは買わなくてもいいなー。

■2001年のゴールデンウィークに野辺山キャンプしたときの写真はこちら。

ファイル 67-4.jpg

冬でもないGWに強い寒気団が日本上空にやってきたのを覚えています。そのため高原地帯である野辺山は、雨ではなく雪になってしまいました。おかげで予想もしなかった初雪中キャンプ。この時、風除けも兼ねてペンタをタープに初めて連結して対応したのですが、これはなかなか良かったです。


Author:
• 2007年06月24日(日) 12:26

ファイル 58-1.jpg

○購入日:2007年6月

ペンタ持ってるから今度はポンタだ!何て理由も少しはあります。

ですが、今夏は暑そうですなので、日差し除けエリアが大きく風通しもよさそうなライトタープが欲しかったので購入。ペンタはかなり前に購入したモノだし、購入当時はシールド商品なんてなかったので、夏場にペンタ張っても結構日差しが突き抜けてきます。さて、ポンタのシールドパワーはどんなもんだろう。

近所の河原に行く際には、ペンタとポンタとを連結させてみようと思います。
略してペポンタもしくはペポタ。んー……どうなんだろね、このネーミングセンスは。


Author:
• 2007年06月24日(日) 02:26

ファイル 36-1.jpg

○購入日:随時

ペグ。でもこの製品はすごい。
どんな場所でもグイグイと地面に食い込んでいくわー。
逆に言えば打ちすぎると抜けなくなるんですけどね。
個人的には最強のペグなのではないかと思います。
テント設営、タープ張り。これ無しでは語れない。
忘れたら泣く。

ちなみにハンマーはスノーピーク製じゃございません。
そこまでスノピにしなくたっていいじゃん。
普通にホームセンターで売っている大きなハンマー(なぐり)を使用中。
なんでも叩けるので便利便利。
力の加減を間違えて曲がったソリステも直せます。

+追加購入2007年6月

ソリッドステーク20x6 … 所持合計(12本)
ソリッドステーク30x6 … 所持合計(14本)

お、重い...