Author:
• 2013年11月10日(日) 02:30
お楽しみ食料

お楽しみ食料
Photo by Akira

【トレランレースは食べる競技である】

ロード自転車でないけれどMTBで遊んでいる時、食べたり飲んだりすることで慣れていたつもりでしたが、ランニングの世界でも常にエネルギー補給を考えることは思いもしなかった。上の言葉はこの1年間でトレイルを走たりレースを経験して感じたことです。まぁとにかく、今回のハセツネは食べようと。初出場はもちろんのこと、試走無し、長丁場、補給は1カ所水(またはポカリ)1.5Lのみという条件だったので、ハンガーノックを防ぎつつ水分補給もしっかりしながら完走を目指すことを第一に望んだわけです。ちなみに想定タイムはサブ15。

続きを読む


Author:
• 2013年10月25日(金) 13:08

ハセツネ2013
スタート地点を見上げ心奮い立つ

皆様、ご無沙汰しております。すっかりブログをサボってしまいました…。元気です、元気ですよ!記事上げしていない間、何をしていたかと言えばトレランをメインに遊んでいて、いくつかのレース(高尾天狗、ハセツネ30、戸隠、北丹沢12時間耐久山岳など)にも出ていました。時系列にそのあたりのレポもあげたいところですが、ちょっと無理そう。まずはブログリハビリを兼ねて先日行われたハセツネカップ参戦の様子を心熱いうちにご報告。

えぇ、走ってきちゃいました!

昨年の第20回でRODメンバーのハセツネ応援をした時、ゴールに駆け込んできた仲間達の感動シーンは忘れられません。自分の心の中に「走りたい!」「見る側から見られる側になってみたい!」そんな感情が湧いたのは必然の成り行き。そしてこの1年間、自分なりにレース経験を積み、ハセツネにも耐えられるぐらいまで走力を上げながら、6月のエントリー0次関門を無事通り抜けての挑戦です。

続きを読む


Author:
• 2012年12月31日(月) 03:25

第3回鋸山トレイルランレース [公式サイト]

どうもご無沙汰しております。ブログに書きたいことは沢山あるのに、あとで書こう、明日書こうとズルズルとしていたらもう冬ですよ…。というか大晦日…。今まで何をしていたかというと、はい「ランニング」していました。相変わらず(小物臭が強い)物欲発動やらファミキャン等のネタもあるのですが、まぁそのうち書けたらいいなと思っています。さて、数ヶ月ぽっかり空いたブログ最初のリハビリ記事は先日走ったばかりのレースのお話です。

Run Or Die!! Must be white out!

今春からKMD氏ご招待によりアマチュアスポーツチーム「ROD」に所属となりました。今まではソロでなんとなく走っていましたが、仲間と一緒にファンランや走練、距離報告、身体&ギア相談などすることの楽しいこと楽しいこと。走ることへのモチベーションが高まったのは言うまでもありません。ということで、その勢いや熱意を冷ましたりしないうちにレース参戦エントリー!自分にとってチーム参戦やトレイルランレースも初めてのことです。いやー、デビューまで数年前の御岳トレイルDNSから考えると長かったなぁ…(しみじみ)。

実は1ヶ月前に初フルマラソン(湘南国際)に挑戦した後、膝周りが故障。いつまでたっても痛みが収まらず、最悪DNSを覚悟していたが、レースの一週間前になってようやく調子が戻ってきた。脚チェックがてら早朝の高尾山トレイルを走って回復を確認。

続きを読む


Author:
• 2012年09月08日(土) 15:11

サッカー合宿グラウンドから見る竜ヶ岳方面
(マウスをあわせるとスクロールします)

カチカチ山ランから調子づいて翌日も走ってしまいました。だって東京の蒸し暑さもなくて気持ちがいいんだもの。

早朝4時起床予定で腕時計のアラームを鳴らしましたが、朝方は冷え込んで肌寒くかつ外はまだ暗いなということで弱気の2度寝…。気づくと30分以上経過していて慌てて起床して準備。あっという間に空は明るくなり、5時過ぎに出発。キャンプ場内ではキャンプレクリエーションなのでしょうか、団体で来ていた高校生達が慌ただしく動いておりました。


走行距離/約7.0km、走行時間/約1時間24分(山頂休憩含まず)
ラップタイムなどはコチラ[Endomond]

キャンプ場の端っこから竜ヶ岳登山道の入り口となりました。軽いジョグをしながら登り口にさしかかったところでハイカー2人、登っていってすぐにまた1人。今日のトレランで会った人はこの3人だけでした。そうです、この後は貸し切りトレイル!汗をかき、朝靄を駆け抜け、中腹に差し掛かったところで展望が開けて富士山がドーン!



昨日に続き、朝靄と富士山です
富士山の右脇に見えるのは朝霧高原、伊豆半島、駿河湾でしょうかね


石仏から上を見る
ここから道が狭くなるつづら折り。笹も多く出てきました…でも見晴らし最高!


つづら折れを登り切るとフラットな場所へ
ここで山頂ルート、本栖湖直行ルートと分かれています

山頂に近付くに連れ、トレイルにはみ出た笹が膝上→腰高→胸とドンドン高くなり、露で濡れた葉が体に触れてシャツもパンツも靴も濡れていきました。まぁでも夏場なので走りで暑くなった体がクールダウンされ丁度よかったです。


山頂到着!ウェアがビショビショだ…
心地よい風を浴びながら持ってきたアンパンを食べて軽く休憩。


さてと一気に下りますかね
奥に見えるのは八ヶ岳かな?あっという間に下山…


トレラン後の休憩ハンモック
スヤスヤと寝過ぎて、撤収予定時刻オーバー…

いやー楽しかった!またランかハイクに行きたいところでした。


Author:
• 2012年09月03日(月) 03:36


走行距離/約7.5km、走行時間/約1時間20分

8月の夏休み最終週は子供がサッカー合宿へ。どんな場所でどんな練習をしているのだろうと思い、だったら近場でキャンプしながら見学すれば楽しいよね!ということで行ってきました。といいつつ、初日は温泉宿でまったりと。美味しい物を食べ、温泉に入り、翌朝は元気いっぱいにランニング!湖を見ながらの、いつもと違うコースはとても楽しかったです。


NBミニマス初投入!
東京の蒸し暑さが嘘のよう。爽やかで涼しい朝が気持ちいい!河口湖大橋から富士も望めて元気も出ます


雲海と富士山
ロープウェイ乗り場から細道を抜けハイキングコースへ。
下ってくるランナーとハイク中の男性に挨拶をかわしハァハァと息を切らしながらも楽しくカチカチ山展望台へ到着


雲海と河口湖
先ほど走ってきた河口湖大橋が眼下に見えてちょっと嬉しくなったり。
それにしても朝一で誰もいない場所で景色を独り占めするのは気っ持ちいいー!
展望台奥には三つ峠まで行くハイクコースがありました。
しかし、宿に戻れば朝食が待っています。行ってみたくなる心を抑え下山


一汗かいた後は…
温泉宿に泊まっていたのでチェックアウトまでゆったりと足湯で疲れをほぐし
午後は本栖湖キャンプ場に向かって設営したのでした


本栖湖の夕日

<参考リンク>

【ヒマラヤ岩塩タブレット/携帯ケース入り50錠】
これやっぱりランニング中に補給すると美味しいです(自分だけ?)
20-30分に1粒を口の中でゆっくり溶かしながら水を飲んでいると
へばることもなく調子もいい感じ

【new balance/ニューバランス ランニングシューズ メンズ MT20】
前日に急遽購入(26cm)。ABCマートの実店舗でも同価格でしたので実際に試し履きが出来たので良かったです。サイズに悩みましたがネット上で1−2サイズ上を選ぶといいよ(店員さんも同じ事を言っていた)って書いてあったのでそのようにしたらバッチリでした!