Tag-Archive for ◊ ストーブ ◊

Author:
• 2009年08月25日(火) 16:08


笑’s BPウッドストーブ120

○購入月:2009年8月

埼玉の板金屋さん「有限会社 昭和プレス」さんが作ったコンパクトストーブです。
キャンプ仲間より同業者がこんなの作ってるぜーみたいな情報を受けまして、おおっ!と思って購入。
てか、ここのShoさん。数年前にyahoo掲示板の某アウトドア系トピ(現在はトピ落ち)に自分が書き込んでいた場所で、何度かお見かけしていた方なんですが知ってるかなぁ。

ま、そんなわけで、コイツを持って自転車通勤がてら多摩川河川敷へ寄り道して試運転してきました。

続きを読む


Author:
• 2009年04月04日(土) 23:59


PRIMUS TWO BURNER 2-PCA / IP-2290A

○購入年:199x年

もう10年以上も前に手に入れたものでして、たまたま寄ったアウトドア店に棚外れになったのか通路に置き去りにされたまま5,000円で売られていたので迷わず救い出しました。本体シール部分の生産年を見ると93年製ですかね?となると4-5年ほど型落ちで手に入れたかと思われます。現在は廃盤となり国内では見かけなくなったものの、海外では同じような商品が普通に売っていまして、roadmanさんの記事にも書いてあるように本国ではメタリックな感じで売ってます。だけどコレコレはプロパンっぽくて国内使用は厳しいかな。ともあれ現在もキャンプに連れ出すことは多く、風がある場合は風防がないので多少苦労しますが、コンパクトで携帯性の良いツーバーナなので現役で頑張ってもらっています。自動着火装置が上手くいかない事ぐらい。

続きを読む


Author:
• 2008年12月29日(月) 04:24


Trangia Open Spirit Stove(Spirit Stove Kit) / TR-23

○購入日:2008年12月

そりゃもうなんだか各地でアルコールバーナーで盛り上がっているのを見かけるわけです。今更ながら手に入れてみようと思ったわけです。で、せっかくcampsaverで個人輸入するのだから、あまり見たことないモノをチョイスしてみました。ってこんな買い方ばかりしてるから、ヘンテコグッズ紹介の場となっちゃうんですかね?いやいや、今回はハンモックやメッシュテントと違って、半分はまじめですよ。

「トランギア」…もう説明はいらないと思いますが、アルコールバーナーの王道をつっぱしる黄金色のニクイやつ。だがしかし、そのコンパクトな本体性能を裏切るような白いガッチリ五徳ここにあり。
え?何コレ?うわー欲しい(棒読み)。

■中身はこんな感じ


計測値:288g(うち五徳/177g、本体蓋&キャップ付き/111g)

いやー、実はこのキットの本体と五徳とは分割できるかどうか、あちこちでのサイトで説明文を探したのですが、自分の検索能力ではついに発見できず。まぁ、商品が届いてから調べればいいよね!とポチッとしたくせに、実際に到着して最初に触った時に分割出来なかった時はショックを受けましたよ。ですがコレは大きな勘違いで、本体の底をポンッと押したら取り外すことができたのでホッと一安心。そうだよね、本体と五徳をくっつけるワケないよね。最初から信じていたさ…。

■側面と底面はこんな感じ

本体を五徳にはめ込むと隙間が出来ます。下にアタッチメントつけても大丈夫なようにかな?
五徳の脚部は軽く爪を巻いたようになってますね。地面にもグサリと差し込まない。ザックの中に入れても他のアイテムを傷つけない。そんな配慮かと。たぶん。

それにしても、この五徳付きトランギアをどこで使うかのシチュエーションがなかなか浮かびません。
まーなんですな安定性は抜群のはずなので、多人数鍋とかやるときにはいいのではないでしょうか?
あ、家庭で卓上鍋するときにも使えそうですね。今度やってみます。嫁さんから「また、こんなもの買ってー」と言わちゃうんだろうな。

■追加:外箱の写真

<参考リンク>
・トランギア:http://www.trangia.se / この商品の説明ぺージ
・CampSaver:この商品の取扱ページ
※箱のパッケージは「Open Spirit Stove」なのですが、米国yahooでは「trangia spirit stove kit」で出てきますね。


Author:
• 2008年12月23日(火) 08:48

キャンプやBBQにて毎回せっせとお湯作りに大活躍のジェットボイルですが、
本家サイトを覗いたらリコールがかかってるじゃありませんか!

■リコール情報
http://www.jetboil.com/recall

  • 7/10?9/9まで米国内出荷され、7/10以降販売されてたやつ
  • バルブ口金がB styleというタイプ/金属がシルバーで刻印なし
  • ユーザーからガス漏れ報告がいくつかあった(怪我、破損報告は無し)

であっていますかね?訳が間違っていましたらご指摘ください。

日本国内で購入者は大丈夫な感じですが、何かあったら、その場合はモンベルが情報出すんだろうな。
海外から直接取り寄せた方々はバルブ口金の形状を調べるのがよろしいかと。
このブログをご覧になってる方でユーザーの人もいると思いますのでご報告まで。

ちなみに、うちのは大丈夫でした(A-STYLE)

▲追記(2008/02/14)
米国本社とリコール交換を孤軍奮闘の末にやり遂げたnekopuu43さんの奮闘記はコチラ↓


Author:
• 2008年11月04日(火) 17:43

この3連休は子供が保育園友達の家に集まってお泊まり会。テラスのあるご家庭でしたので、きりん君の使用許可をいただき、夕飯はみんなでピザを焼いて食べました。きりん君の熱量はなかなかのものです。ただ、ペレットの燃焼管理になかなかクセがあるのでは?と思ったのは、自分だけでしょうかね。

続きを読む