Tag-Archive for ◊ マウンテンバイク ◊

Author:
• 2010年05月13日(木) 01:00


HAKUBA IWATAKE MTB CUP

  • 左:ダウンヒル/CycleWorld LSR
      11th All Japan MTB Cup in HAKUBA IWATATE 1997/5/3-5/5
  • 右:クロスカントリー/AMP Reserch
      The 15th HAKUBA IWATAKE Spring CUP 1999/5/2-5/4

今は富士見パノラマがMTBの聖地な感じかもしれないけれど、その前は白馬岩岳だったと思うのです。
今年のGWは過ぎ去ってしまいましたが、20代だった頃のGWには、岩岳で開催されていたMTBレースへ
参戦して遊んでいたこともありました。

さて、そんな頃の写真があったのでスキャン。プロが撮った写真を記念に購入しておいたのですよ。
今でいうオールスポーツコミュニティみたいなもんかな。
所詮、素人な走りなので結果も当然ヘッポコです。この写真もちょっと恥ずかしいんだけれど、まいっか。

何にもない河原でキャンプしながらレース観戦&参戦&買物は楽しかったなぁ…(遠い目)。
つーか、あの頃から既に10年以上経っているんだよね。驚愕です。

おまけ:某chでこんな過去ログ発見→[白馬岩岳MTB事業撤退を考える]


Author:
• 2009年10月13日(火) 18:02


また一歩、父ちゃんに近づいた!

10月の3連休初日、年長のチビ僧にとっては最後となる保育園の運動会が行われた。
彼はこの日のために竹馬やら縄跳びやら頑張って練習した。いつまで経っても自作の縄跳びが作れなくて練習が出来ず、竹馬は裸足で練習したら指が擦りむけてしまい泣いたりしたのを父ちゃんは知っている。だが諦めず、当日は親も驚くほど出来るようになっていて驚いた。感心した。よくやった。リレーやダンスも頑張ってたなぁ。子供の成長ってホント早いもんだ。

というわけで、ご褒美に自転車を新調することに。
今までの自転車が小さくなっていたので、自転車をインチアップするにはいい機会なのです。

ワクワクする子供を車に乗せて向かったのはワイズロード府中多摩川店
ちきしょう、父ちゃんの方が買い物したくなっちゃうじゃないかー、でも我慢汁。


LOUISGARNEAU (ルイガノ) LGS-J206(WH) 2009年モデル

他にも子供用自転車を出しているメーカーはワンサカありますが、無難にルイガノをチョイス。
自分もルイガノ乗りだし、09モデル処分セールでお財布にも優しいという理由もあるから良し。

あ、そうそう。20インチでもフロントサスペンション付きの自転車も気になったのですよ。
でもなぁ、園児には扱いこなせるのか?って思うんです。いらんいらん!贅沢だ!
手サス使って衝撃吸収すればいいんだよ!そーゆーのは最初に体で覚えるの!

購入後、自宅に戻ると早速サイクリングへのお誘い。はいはい、行きますよ!
最初はふらつき気味だったが、すぐに慣れて走ることが出来るようになった。うん、前の自転車に比べ、傍から見ていて乗りやすそうにしているのがわかるね。ブレーキングや坂道など、以前は苦労していた部分もかなり楽になったみたい。買い換えて良かったなぁ。


新車でご機嫌サイクリングだぜー

身長117−118cm程のチビ僧が、サドルを一番下にして乗った時はこんな感じ(右写真)
あ、ズボンの中にパーカーが入ってる!洋服がだらしなくてお恥ずかしいです…。
ハンドルまでの距離はちょっと遠い状態ですが、すぐに成長するから大丈夫でしょ。ステム交換も出来るので、成長に合わせて調整できるから結構長く乗れそうですね。そのうち、乗ってない自分の自転車からパーツ取りして、TEKTROのブレーキをXTあたりに換装とかチューンしてあげようかな。んー、効き過ぎるかな?


付属する専用ボトル

父親の自転車についているボトルに憧れを抱いていたようで、これがあるってだけでも嬉しいみたい。
ちなみに大きさは350mlペットボトルと同等


MET クラッカージャック/ホワイト

ヘルメットも新調した。今までOGKの丸っこいデザインのやつだったんだけど、ちょいとばかしカッコイイやつを購入です。素材も大人用のやつをそのまま縮小版なので安心できますね。汗っかきなちび僧も、たっぷりあるエアインテークのおかげで頭が涼しくて気に入った様子です。ツバ付なのもポイントらしい。

さぁ、これで自転車もヘルメットも父ちゃんと同じスタイルになった。
そんなことから自転車に乗りたい気持ちが高まったことに親父心として嬉しさを感じるぞ。
これから一緒にどんどん走って行こうじゃないか。
今、自転車ツーリングキャンプへの道は開かれたのだ!

■今後の一緒に走れたら良いなリスト

  1. 実家まで走ろう!
    多摩川サイクリングロードをメインに走り、ジジババに会いに行くのです(約35kmほど)
  2. りんりんロードを走ろう!
    廃線跡を利用した40km程のサイクリングロードだそうです。気持ち良さそうなんだよね。
  3. レースで走ろう!
    とりあえずルイガノカップかな?

<参考リンク>
【ルイガノ LGS-J206/2009】(自転車館びーくる)
2009年モデルのホワイト在庫がありそうなのはここだけ。
でも、値段がそんな安いわけでもないかな。2010年モデルが出始める時期なので、待てる人は待ってもいいんじゃない?と思っちゃったり。


【MET クラッカージャック】(自転車のQBEI 楽天市場支店)
ホワイト以外にも気になるカラーがあるじゃないですか…


Author:
• 2009年10月09日(金) 15:02


今年のオニグルミ

昨年に続き、今年も通勤がてらにクルミを拾ってきた。
本当は10月入ってすぐ拾いたかったのですが、秋雨やらなんやらで出遅れてしまい、狙っていたオニグルミの木はあらかた取り尽くされていました。そして、わずかに残ったクルミ達は手の届かない遥か頭上の枝にぶら下がっているだけ…。でも、諦めない!


台風一過の秋空、川の濁りは仕方がない

風はちょっと強いけれど気持ち良い秋空の下、川沿いに自転車を走らせて場所移動。
他に人気の少ない場所にクルミの木があるので、そちらに向かうのです。


たくさん実ったオニグルミ

わずかな希望を託して行きますと……あ、残ってる!やったね!
ジャンプすれば手が届く場所にいっぱいありますよ。
ぬぬっ!地面にも沢山のクルミがあるじゃん!昨日の台風による強風で落ちたんだな、きっと。


クルミ大収穫

楽しい楽しいクルミ拾い。
数分でビニール袋はクルミで一杯になってしまいました。
もっと拾えたけれど、ザックに入れられる量は限られているので終了。重たくなるしね。

しかし、ここからが大変。
まず、自宅に持ち帰った後に果肉落としの作業をしなくてはなりませぬ。
とは言っても、クルミをいれた水槽に水を張り、数週間ほったらかにして果肉を腐らせるだけですが。


Author:
• 2009年06月19日(金) 15:22


羽村の堰/まだ朝の6時過ぎだってのに釣り師がいっぱい

嫁さんが入院している間、長男坊は西多摩の実家に1人お泊まり中。ですがもう慣れたものでして、電話をしても「新しいオモチャがねぇ…グフフフフー」と喜んでいる始末。まぁ、寂しい思いをしているワケではなさそう。とは言え、コチラとしては様子をみてみたい。そこで早起きして自転車で実家まで行き、一緒に朝飯でも食べるかぁと考えたわけです。

距離は35-40kmぐらい。早ければ1時間半ぐらいで到着すると計算。
ということで、朝4時起床。4時半出発です!

続きを読む


Author:
• 2009年04月09日(木) 14:44

桜もいいのですが、この時期は冬芽で頑張ってきた木々が一斉に芽吹き、ほんのひと時の間ですが山々が萌木色に染まるのが大好きだったりします。ということで、久しぶりによこやまの道を走って自転車通勤!

自宅から入り口の多摩東公園まで約10km(30分)で到着です。全ルートをこなすと階段があって担いだりしなければならないので、その辺はルートとだいたい並走している舗装路にエスケープ。そうすることで乗車率ほぼ100%でこなすことが出来るわけです。ダブルトラックあり、シングルトラックあり、舗装路、砂利道、上り下りありと10km程の道をいろいろなセクション盛り合わせで堪能できるナイスコースなんですよね。基本的に尾根沿いなので景色もよく、時折、富士山もちらちら顔を出します。


あぁ、もうこの色合いがたまらない

気持ちよかったですねぇ、ほぼイキかけました。えぇすいません。
いつ走っても楽しいなー。
そのうち車載カメラをくくりつけて全コースを動画撮りでもしようかと思っています。

………

さて、よこやまの道を走り終えて京王堀之内まで降りてきたとき、ふとWILD-1多摩NT店が近かったのを思い出してスタコラサッサ。スノーピーク、ユニフレーム、コールマン、ハイマウント、EPI、OGAWA、ARAI、PRIMUSと、8メーカーのカタログをついでにもらってきました。しかし、フィールドライフは置いてあったかどうか確認するのを忘れてガックリです。で、店内を少しばかり物色していたら発見です!


ネオエアー・レギュラー

残念ながら見本はありませんでしたが、商品を手に持つとその小ささに驚きです。んー、でも意外とズシリと感じたのは自分だけかな?それなりのお値段なのでヒョイヒョイ売れるわけでもないのでしょうか?サーマレストのパッドコーナーに新商品POPもなく、ひっそりと置いてありましたよ。誰か欲しい?明日また行って代わりに買ってきましょうか?なんて。いっそのこと勢いで…なんて思いましたが、やはり費用と使用率とを考慮するとさすがに(国内価格では)手は出せませんな。

そして店を出て、重いカタログを背負って会社まで走ったのでした。
約40kmの道のりを2時間。こんなもんかー。